onoh


Entries

Tags

老け顔は早死にの危険性が 2012/05/29

@2012.5.29 テレビ朝日「みんなの家庭の医学」

 

デンマークの教授が913組の双子を調べたところ、老け顔の人の方が7年後の死亡率が高かった。

番組では柔軟性年齢と血管年齢を測定したところ、老けて見える人ほど柔軟・血管年齢とも高かった。

 

))) 老化物質AGEが老け顔の原因

久留米大学・山岸先生は体の中にAGEという物質が溜まっていることが原因だという。

AGEが骨に溜まると茶褐色に変色し、もろく折れやすくなる。目に溜まると目の細い血管が壊れやすくなり、出血して失明の危険性が高くなる。

また、皮膚にAGEが溜まると弾力性を失い「シワ」ができたり、皮下脂肪の重みに負け「たるむ」。

 

)))) AGEの正体とは

タンパク質に糖分がくっつくと老化を早める物質「AGE」になる。

タンパク質の代表であるコラーゲンは細胞と細胞をつなぐ役割をしており、皮膚の真皮の70%、血管の20%、骨の30%はコラーゲンでできている。

 

)))) AGEが動脈硬化を引き起こす

糖分が全身のコラーゲンにくっつくとAGEに変化し、全身の老化が一気に進んでしまう。

特に問題となるのが血管で、血管の壁を覆うコラーゲンに糖分がくっつくと、しなやなかだった血管の壁がカチカチになってしまう。

結果、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすリスクが高くなってしまう。

 

)))) AGEが高くなる原因

1. 血糖値が高い

通常、糖分はエネルギーとして使われるが、食事の摂り過ぎなどで糖分が余ってしまうと、タンパク質とくっついて大量のAGEが生成されてしまう。

2. AGEを多く含む食品を食べる

AGEは身体の中だけで作られるだけではなく、初めからほとんどの食べ物に存在している。

 

))) AGEを多く含む食品と調理法による変化

アメリカのマウントサイナイ医科大学では、2004年に世界で初めて食材ごとのAGE量を明らかにした。

 

)))) 食材ごとのAGEの量

脂肪の多い食材 > 肉 > 魚 > 炭水化物 > 野菜 > 牛乳

しかし、食材に含まれるAGEの量はそれほど多くない。

 

)))) 食材よりも調理法によってAGEの量が変わる

鶏肉の調理において「ゆでる」を 1 とした場合、「網焼き」は 6 、「揚げる」は 10

AGEが多くなる要因は「温度」と「油」

「ゆでる」は100℃、「網焼き」は180℃、「揚げる」は220℃くらい。

高温になるとタンパク質と糖分が結合しやすくなり、さらに油があるとその反応が促進されてしまう。

 

)))) 調理時間によるAGEの量に変化がおこる

卵の調理法によるAGEの量は、スクランブルエッグを 1 とした場合、オムレツは 3 、目玉焼きは 16

アメリカでは目玉焼きは5分と調理時間が長いため、上記のような結果に。スクランブルエッグは1~2分

ちなみにゆで卵はスクランブルエッグの半分程度。

 

))) AGEを溜めずに身体を若く保つ方法

 

)))) 健康診断で血糖値に問題なくともAGE年齢は高い場合が

通常、血糖値は空腹時に測定する為、食後の血糖値の変化は分からない。

健康な人の場合、食事を開始して血糖値があがるものの、2時間後には正常値に戻る。

しかしAGE年齢が高い人の場合、血糖値が正常値に戻ったのは3時間後。

この食後血糖値が高いことにより、糖が余計に作られることでAGE年齢が高くなってしまう。

 

)))) 食後の血糖値を下げ、AGEを溜めない3つの方法

 

1) 1日1食はAGEが低い調理法を選ぶ

2) 野菜から先に食べる

野菜に含まれる食物繊維が糖分に絡み付き、糖分の吸収をゆっくりにしてくれる

3) 食後すぐ10分身体を動かす

血糖値が最も高くなるのは食事を開始してから1時間後。

そのため食事を終えてすぐのタイミングで体を動かせば血糖値を下げられる。

皿洗いなどのちょっとした家事でもよい。

 

この方法はAGE年齢が若返るだけでなく、糖尿病の予防にも大きな効果がある。

2 Responses

April 15, 2015 11:01 PM

discount

Hello!

Reply

April 15, 2015 11:02 PM

discount

Hello!

Reply

Leave a Comment