onoh


Entries

Tags

むくみをリンパで解消する 2011/09/06

@2011.9.6 NHK「あさイチ:スゴ技Q」 

))) リンパとむくみの関係

血液中の水分が周りの細胞に漏れ出て行き、その水分を回収するのがリンパ管の重要な役割。

つまり、リンパ管の流れが滞り、水分が回収できなくなると発生するのが「むくみ」。

 

)))) 信州大学医学部 教授 日本リンパ学会理事長 大橋俊夫先生による問題

Q. むくみを軽減させるのに効果的な方法は?

A. 階段の上り下り

血液は体を40秒で一周するが、リンパ管には心臓のようなポンプがないため、足先から心臓に戻るまで、6〜12時間もかかってしまう。

しかし、リンパ管の周りの筋肉を収縮させることで逆流防止の弁を利用して、重力に逆らって速い流れを起こすことができる。

そのため、階段の上り下りは筋肉の動きが発生するので効果がある。

階段の上り下りは足を曲げる筋肉と伸ばす筋肉をリズミカルに動かすため、リンパ管の流れがよくなり、同時にたくさんある

静脈がよく流れるために、むくみの防止につながる。

足を上げる場合は、リンパの流れがゆっくりなことから、寝ている時に足枕などをするほうが効果的。

また、運動で解消する場合に特に有効なのは自転車を漕ぐ。リンパにとって理想的な運動は、足を高く上げる運動になる。

 

)))) 針・灸・按摩マッサージ指圧師 渡辺 佳子さんによる問題

Q. リンパマッサージに効果的な方法は?

A. さする

信州大学医学部 大橋先生の研究室で実験したところ、押すとさするでは5倍の違いが。

また、リンパマッサージによる免疫活性の変化を研究したところ、マッサージ後では15%アップしたことが判明。足のマッサージだけで大きな効果がでる。

 

))) リンパマッサージ

  1. 準備体操
    1. 肩を外側に大きく5回まわす。
    2. 手を下腹部に当て、腹式呼吸を5回。
  2. 足の指の間をもむ(それぞれ10回程度)足の指の間に、手の指をいれて。
  3. 土踏まずを両手の親指で押す(5回程度)
  4. ふくらはぎのリンパ節をもみほぐす 膝の裏を4本の指で
  5. 足首からふくらはぎをすりあげる さする程度で
  6. そけい部のリンパ節をもみほぐす イタキモチイイ所をグリグリ
  7. 太もも全体をさすりあげる さする程度で
  8. 足首からふとももを一気にさすりあげる ももは側面を

注意:リンパ浮腫や心臓・内蔵に持病のある方は医師に相談のこと。

 

風邪をひいた時など体内にウイルスが侵入すると、リンパ球が増殖してウイルスを攻撃し、その時リンパ節が腫れて、グリグリが発生する。

Q. リンパ球の働きを妨げてしまう行動は?

A. 解熱剤を飲む

リンパ球は体温が上がると活発に動く。

基本的に人間の体は異物が侵入すると、体温を上げて自分を守るという仕組みができているので、微熱の状態だと解熱剤を飲むのはかえって風邪を長引かせてしまう。

リンパ球は「低い体温」「水分不足」「ストレス」が苦手。

 

))) 金子流リンパストレッチ

カリスマパーツモデル 金子エミさん(40)にリンパが流れやすい体作りを学ぶ

  1. 足首回し右回り、左回りを5回ずつ
  2. バウンド屈伸 膝をまげて、バウンドするように屈伸を20秒
  3. 間脚クロスストレッチ 足首を反対の足の膝にのせて倒し、10秒キープ
  4. 開脚脇伸ばし 片足は曲げて、手を反対の足に向けて、左右5回ずつ 

 

))) リンパが流れやすい体を作る「筋トレ」

東京大学の筋肉博士こと石井直方教授からの問題

Q. リンパの流れを良くする筋肉を効果的に鍛えるポーズは?

A. ボウリング

  1. ボウルを投げた後のポーズをまず作る
  2. 両手はまっすぐ伸ばす
  3. 前に出した足に体重をかけ、できるだけ曲げる
  4. 後ろの足は床に着かないように、伸ばす
  5. これを10秒間 x 3セット(両足)

注意:膝や腰などの悪い方は無理をしないように。

0 Responses

Leave a Comment