onoh


Entries

Tags

夫の枕をクサいと感じる妻は遺伝子の相性が悪い「幸せになれる女性診断SP」 2012/02/15

@2012/02/15 フジ「ホンマでっか!?」

 

))) 筋を通す男は女性から頼りないと思われている!?

社会的に筋が通ってないと許せない男は、社会では男らしいと評価されることが多いが、いざ奥さんから相談を受けたときに「あぁ、ダメだな」と思われることが多い。

女性は相談したときには、具体的なアドバイスなどがほしいが、男性は観念的なことを返すことが多いため、結局相談に対する答えが得られないためにだんだん相談されることが少なくなる。

 

))) 先々の段取りができない人は脳が老化している!?

手順が踏めないと、様々なことに対して注意不足になり、物忘れや仕事忘れなどのミスをする傾向が。

 

))) 夫婦の会計が別だと潜在的に離婚してもよいと思っている!?

離婚を考えていない男性は家計を一緒にする傾向が高い

 

))) トイレの小便器で用を足している時に、隣に人が立っても気にならない男性は夫婦生活が円満にならない!?

男性の距離感を読む本能的な力に問題があったとしても、短期間なら女性側の愛する気持ちで解消することができる。

長い付き合いになる夫婦関係の場合、距離を測りながら暮らす能力が必要になってくるため、支障をきたしてくる。

トイレの距離というのは警戒する距離で、用が足しにくくなる場合、本能的に人との距離感を測ることができる。

 

))) 結婚してから太った男性は将来男性機能が衰える可能性が!?

結婚して幸せ太りすると良さそうだが、ご飯がおいしい = カロリーが高くて太る ということで太るわけではない。

結婚後に太る要因は、隠れ食いや無理して食べているかのどちらかが多い。

食べ過ぎて太ると、糖尿病になる危険性が高く、合併症として性欲減退、男性機能の衰えが心配になる。

逆に結婚してから痩せる、体重が変わらない場合は奥さんからの抑圧を受けている可能性があり、離婚率は80%。

 

))) 夫婦お揃いの下着が無いとマンネリ化して離婚する!?

ある大手のアパレルメーカーが夫婦お揃いの下着を着用しているほうが、夫婦仲が良くなる傾向になるという調査結果を出した。

ペアルックでも心の絆は深まるが、お揃いの下着は「他人に見えない共通の秘密」=絆となり、より繋がりが深まる効果がある。

 

))) 貧乏でも耐えられる女性は簡単に離婚ができる!?

貧乏というリスクに耐えられるという人は、離婚というリスクに関しても簡単に決断することができる。

 

))) 妻が夫の健康に注意していると夫は早く死ぬ

フィンランドで15年による調査だと、妻が夫の健康を気にしている場合、健康を気にしていると死の危険性が1.5倍違う。

健康に注意しすぎると、かえってストレスになる可能性があり、好きなものを食べた方が胃液は出やすく健康に良いと考えられる。

他にも世界的な調査があり、医者が健康を管理している場合と、何もしていない人との寿命を調査比較した場合、何もしていない人の方が長生き。

 

))) 夫の枕をクサいと感じる妻は遺伝子の相性が悪い

体臭というのは遺伝子によって決まっていて、遺伝子が近いとクサいと感じるようになっている。その例として、娘が父の匂いを嫌がるのは近親交配を防ぐため。

妻が迷いなく夫の匂いを好きという場合は、遺伝子的にすごく相性がよい。

女性は排卵日になると、適切な相手を選ぶ嗅覚が敏感になるので、その時にクサいと感じなければ大丈夫。

ちなみに遺伝子の相性が50%悪いと、50%の確率で離婚する。

1 Responses

April 15, 2015 11:41 PM

viagra_pharmacy

Hello!

Reply

Leave a Comment